概要

名称一般社団法人 日本宇宙安全保障研究所
英文名称Japan Institute for Space and Security (JISS)
設立日2018年7月11日
電話03-6272-8500
所在地〒102-0094
東京都千代田区紀尾井町3番29号
紀尾井町 第2山本ビル3階
ホームページhttps://www.jiss.or.jp

設立の背景

我が国を取りまく安全保障環境の変化、とりわけ北朝鮮による核・ミサイル開発の脅威、中国の軍事近代化による宇宙利⽤の拡大、ロシアの宇宙戦⼒の回復、また同盟国である⽶国の宇宙における優位性が低下する中、我が国の安全保障を強化し、我が国と志を同じくする諸外国と共に世界の平和に貢献するために、宇宙空間の安定的利⽤の確保、宇宙安全保障能⼒の強化、並びに⽇⽶を軸とする同盟国との安全保障分野における宇宙協⼒の推進することが必要とされています。

しかしながら、我が国においては、過去に宇宙の安全保障利⽤が制約されており、2008年の宇宙基本法の制定によって安全保障上の宇宙利⽤の議論が始まったものの、宇宙安全保障に関する技術的・政策的な知⾒は⼗分ではなく、国の組織、⼈材、インフラ、予算などにおいても国際社会の後塵を拝して参りました。

そのような現状を打開し、安全かつ安定的な宇宙の利⽤を確保する為の宇宙安全保障能⼒の強化、整備計画、研究開発、防衛及び宇宙産業の振興、国際協⼒などを総合的に推進する宇宙利⽤戦略を構想し、これらの積極的、専⾨的かつ継続的な調査研究及び発信を⾏う為に、政官学産業界の有志により、一般社団法人日本宇宙安全保障研究所(JISS)は設立されました。

ミッション


我が国の宇宙安全保障能力の強化と宇宙の平和利用に貢献する為に、
宇宙にフォーカスしたシンクタンクとして
グローバルな政策を提案します。
目的
我が国の宇宙安全保障能力の強化

「米国を始めとする同盟国・友好国と宇宙における安全保障協力を推進することにより我が国及び国際社会の安全保障に寄与する。そのための技術上・運用上有効なオプションを提言する。」
「陸・海・空に加え、宇宙・サイバー・電磁波を加えた新領域におけるミサイル防衛・ミサイル技術開発の相関関係を深化させ、国家としての総合的な宇宙活動が実現できるよう技術開発及び運用・指揮統制手段の発展に努める。」

手段
宇宙にフォーカスしたシンクタンクとしてグローバルな政策を提案

「我が国の宇宙安全保障に関する政策立案を支援するため、調査・研究による課題解決と政策実現プロセスを提言する。」
「米国をはじめとする同盟国・友好国関係機関の日本のカウンターパートとして、諸外国政府・企業との交流や意見交換の機会を提供し、国際情勢に立脚したグローバルな視点で宇宙安全保障に係る国際プロジェクトを企画・実施する。」

成果
宇宙の平和利用への貢献

「国内外の政・官・学・産業界のプラットフォームとして相互の連携と協力を促進し、専門的かつ継続的な調査研究と発信により、安心・安全な社会の実現及び、技術革新による持続可能な産業基盤の確立に貢献する。」
「宇宙における平和利用―特に、防災・農業・水産業・運輸・交通・通信電子・気候変動などについて―の利活用手段の開発に努める。」
「国民生活の向上に寄与する研究及びその発表を通じて、宇宙の平和利用に関する技術や運用手段に対する国民の啓発に努め、国民が宇宙により関心を持つように奨励する。」

ビジョン

我が国の安全保障分野での宇宙利用を先進国レベルにすることを目指し、既存の枠組みに囚われない俯瞰的な手法で宇宙利用研究に取り組み、ステークホルダーから信頼を得るとともに、国際レベルのセキュリティー ‐ クリアランスに対応した我が国において先進的な研究機関のモデルとなる。

体制